ベイビーが産まれたら保険どうしようか。

お金

台風前の蒸し暑さにやられ、明日病院なのに、アイスをばくばく食べているhanaです。

さて、ベイビーが産まれたら保険の見直しをしなくてはーと思いつつ放置してました。今までは独り身だったし、自分が死んだ後とか、まったく考える必要はなくて、ちょっとした節税になればいいなーとか、老後資金のために貯蓄保険に入っておくか、という軽い気持ちで掛けていた保険。

守るべきものができた今、見直す必要がでてきました。私が今入っている保険はざっくり5つ。
1.貯蓄型個人年金  月12,000円
2.コープ共済    月 2,000円(←これは無事に出産が済んだら解約します)
3.給付金付医療保険 月 3,100円
4.給付金付がん保険 月 3,100円
5.生命保険     月 8,030円

こうみると、結構はいっているなぁ。。。ベイビーが生まれたら、もし万が一私がなくなったときのこと、働けない状況になったときのことを考えて、生命保険と収入保障保険に加入予定。

給付金付の医療保険やがん保険は解約をして、その分をベイビーのための保険に入ろうと思います。それにしても、保険ってめちゃくちゃ数があるし、どれもこれも似たりよったりでよくわからない。

日本は社会保障が整っているから医療保険は不要って考え方もできるし、貯蓄型保険に入るならその分投資にまわそうか、とか、いろいろ考えてしまいます。正解は自分で見つけるしかないから、そのためのお勉強をスタート。ファイナンシャルプランナーになるつもりはないけれど、ファイナンシャルプランナーの資格試験の本を購入しました。これを読んでまずは、国の保障制度と民間の保険についていろいろ学びます!

おすすめの本はこちら↓ みんなが欲しかった!FPの教科書3級

コメント

タイトルとURLをコピーしました