出産レポ① 急遽入院!!

プレママ

先日無事に可愛い可愛い男児を出産しました。今日から複数回出産レポをお届けします!

入院1日目

ベイビーのことが、心配で眠れぬ夜をすごしてましたhanaです。

さて先日、赤ちゃんの心拍が弱い時があると言われ、また首に臍の緒が巻きついてるか羊水が少ないかもしれないともいわれ、再度やってきた妊婦検診。

モニターをつけて赤ちゃんの心拍とお腹の張りを測る検査は問題なかったのですが、エコー検査の時に心拍が弱くなる時があることがわかり、急遽入院することになってしまいました。予定日まではまだ10日あります。

急展開すぎて心の準備ができていない。あと1週間くらいはのんびり過ごす予定で、実は昨日まで副業のお仕事してたのですよ。。。

ベビーごめんよー、ストレスかけてたのかもしれないなぁと反省してます。

ベイビーの心拍は150前後を行ったり来たりなのですが、時々乱れていて心配です。でも、家にいるより病院のが安心!!と気持ちを切り替えて、ベイビーと一緒にがんばります。

はぁ、ドキドキ。やはり何が起こるかわからないですね。入院準備をある程度しててよかった。やはり事前準備大事です。

午後2時受付を済ませ、入院病棟に向かいます。助産師さんが荷物を持ってくれて、優しい言葉をかけてくれました。

すぐに着替えてベッドに寝るように言われ、そこからNST検査をずっと行うこととなります。(赤ちゃんの心拍を測るための検査)その途中、赤ちゃんの心拍が取れなくなってしまいました。エラー音が鳴り響き、私はナースコールを押して、不安でいっぱいな気持ちになりました。

すぐさまやってきた助産師さん2人に車椅子に乗せられ、そこから陣痛室に運ばれます。

陣痛室のベッドでまたNST検査を行い、様子を見ることになりました。その後エコー検査などをおこなしたが、先生から

心拍が下がる原因ははっきりしていないけど、羊水が少ないかへその緒が巻きついているのかもしれない。正産期に入っているので促進剤打って分娩に向かわせましょう。これから先、時間をおいても赤ちゃんによくないと思います。場合によっては赤ちゃんの心拍を優先し、帝王切開に切り替えます。

と言われます。この段階ですでに不安で泣きそうでしたが、震える声を振り絞って、

この子の安全第一でお願いします。

と答えるのがやっとでした。その後、子宮口が2cmくらいしか開いていないため、子宮にバルーンを入れる処置をしてもらいます。そこから、お腹の張りが定期的にやってくるようになりました。そして、子宮にはバルーンが入ったまま、NST検査を陣痛室のベッドで受けることになります。心拍とお腹の張りを測るモニターが付いているため、動くことができず、ずっとベビーの心拍を聞いて一晩過ごすことになりました。
心拍を聞いていると、心拍低下してしまわないか不安が頭をよぎり、余計に眠ることができません。うつらうつらしつつも、この時はまだ明日促進剤を打って経膣分娩になると思っていたので、なんとか体力温存のために寝る努力をしました。時々やってくるお腹の張りと戦いながら、陣痛室で過ごす一晩はとてもとても長く、永遠に続くように感じました。

ベイビーも苦しみながら、頑張っているから私も頑張らなくては!

コメント

タイトルとURLをコピーしました